査定員と交渉して買取金額を上げよう

できるだけ高く買ってもらう

いらなくなったブランド品をブランド品の買い取り専門店に持ち込めば、無料で買い取り査定を行ってくれます。いくらいらなくなったものとは言え、買取りしてもらうからには少しでも高い査定額を提示してもらいたいと考えるのが普通です。最近は無料で査定額を提示してくれるわけですが、査定額が提示されたあとがとても大切です。自分が予想していた査定額よりも高い数字を査定員に提示してもらったら、それで満足して契約成立させてしまいそうですが、ここで踏みとどまって一度は査定員と交渉しましょう。

査定員も一度は交渉してくるとわかっていて、あえて低めの査定額を提示していることはよくあります。交渉するのは無料ですから、勇気を出して一度交渉してみると、思いがけない査定額が提示されることがあります。

適当な交渉はしないように

査定額が提示された後に価格交渉を査定員に行うのは良いですが、何もわからずにとにかく査定額をアップして欲しいという交渉は避けましょう。きちんとした交渉を行うために、まず査定を行ってもらう前に自分が持ってきたブランド品が実際にどれくらいの相場で取引されているのかを知っておきます。 相場を知った上で交渉するのが理想的であり、このほうがお店側も交渉に乗りやすいです。やみくもに金額をアップして欲しいという交渉では、アップせずに終わってしまうことも少なくありません。また、希少価値のブランド品であれば、お店側は喉から手が出るほど欲しい商品ですから、売る側は強気な価格交渉を行っても良いでしょう。希少価値なら強気でも結構高い査定額が提示される可能性が高いです。